1. トップページ
  2. 歯科用レーザー治療
  3. 歯科用レーザー治療について

歯科用レーザー治療について


炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーは、主に歯肉切開、口腔内殺菌や凝血など軟組織用レーザーとして用いられ、日本の歯科医院で最も多く普及し、水に吸収されやすい特性を持っていますので歯科にも多く使用されています。

laserエネルギーのほぼ100%が組織の表面で吸収される「非透過性」レーザーで、周辺組織へのダメー
ジが少ないというメリットがあります。
歯茎の切開などのレーザーメスしての利用のほか、軟組織の止血・蒸散・凝固、歯周病治療など
に使用されています。

緻密でクオリティの高い処置をするには、ガイド光が必須。h1
当院の炭酸ガスレーザーのガイド光は、口腔内で視認性の高いグリーン光を標準設定。誤照射を防ぎ、ドクターの眼精疲労を軽減します。さらに、ガイド光の明るさはコントロールパネルで調節できます。

被ばくなどのタメージが少ない

これまでむし歯の診断というと、探針で触診したり、X線(CT)写真を撮ったりして診断することがほとんどでしたが、最近では光をむし歯に当てて、透過した光をカメラで集め、その透過率などからむし歯の診断を行うシステム(ダイアグノカム)も登場しています。
これにより、X線被ばくや器具による歯質のダメージを受けずに診断することが可能になっています。pro-panel

歯科用レーザー治療の効果

■殺菌効果
瞬間的な高温が細菌なども一瞬で蒸発させるため、虫歯や歯周病菌などの細菌が原因でおこる病気に効果が期待できます。
■止血効果
レーザーが組織を瞬時に蒸発させるため、歯肉を切っても出血が起こりにくく、止血と殺菌効果が同時に得られます。さらに術後の痛みが出にくいなどの特徴があります。

主に次の様な治療に利用されていますpro_box2

■歯茎の切開・除去
インプラントの治療や、外科的手術などで、レーザーメスとして利用されています。
■むし歯の診断
むも歯にレーザーを当てて、その反射から、むし歯がどの程度進んでいるかを数値で測定できる装置も開発されています。
■むし歯治療
むし歯になった部分にレーザーを照射して、虫歯が蒸発して、さらに歯の表面が硬くなり虫歯になりにくい状態にすることが期待できる。特に初期虫歯には効果的です。
ドリルと遣い、むし歯になったところだけを取り除けるというメリットがあります。
■歯周病治療
歯周ポケット内にレーザーを当てて、歯周病菌を除去することに使用されています。
歯茎が腫れた時に、歯周ポケットにレーザーを照射すると歯周病菌などが減少したり、内部に溜まった膿が出やすい状態になったりするため、腫れが落ち着きやすくなります。
■口内炎口内炎
口内炎が翌日から数日で改善することがあります。
■色素沈着除去
黒ずんだ歯茎の原因であるメラニン色素をレーザーで除去し、審美的に美しく改善できます。
■知覚過敏
知覚過敏の原因となっている、歯の根元付近の象牙質に、レーザーを当てると、内部へ刺激を伝える通り道を機械的に塞ぐことができるため、知覚過敏が解消されることがあります。
■根の治療
歯の根の内部にレーザーを当てると内部の細菌が減少したり、内部の乾燥などもできるため、根の治療に役立ちます。

このページの上へ