1. トップページ
  2. 小児歯科
  3. フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素とは自然の中に広く分布している元素の1つです。海水、河川水、植物、動物など全てに微量に含まれています。私たちが毎日飲む水や食べる肉、野菜、果物、お茶などにも 含まれています。 
また、私たちが生きていく上で、三大栄養素と微量栄養素(ビタミン類とミネラル)の摂取は不可欠です。フッ素は最近その重要性が注目されているミネラルの一種です。

フッ素塗布の働き

  • 虫歯になりかけて溶けだしたカルシウムをもとに戻す(再石灰化)作用を促進します。
  • フッ素が歯に取り込まれる事で、歯が強化され酸に溶けにくい歯になります。つまり、 歯が強くなります。
  • フッ素の抗菌作用により、虫歯菌の働きを抑え、酸の産生を抑制します。

よくある質問

今まで患者様からフッ素について多くの質問がありましたのでQ&Aでお答えいたします。

  1. 何歳から塗布したらよいですか?
    フッ素のう蝕予防効果は、萌出まもない歯に塗布した時に、最も大きく現れます。 乳歯は生後6ヶ月位から、永久歯(親知らずは除く)は6歳位から中学3年生位まで、つまり、生後間もない時期から中学卒業まで、フッ素を利用すると効果が特にあると言われています。
  2. どれくらいの間隔で塗布すればよいですか?
    当医院では定期健診(3~4ヶ月)毎に塗布しています。
  3. フッ素を飲み込んでしまいましたが大丈夫ですか?
    当医院ではフッ素歯面塗布法でフッ素を塗っています。その量だと特に問題はありません。
  4. 大人でもフッ素は効果がありますか?
    勿論大人の方でも効果があります。
  5. 妊娠中や授乳中の母親がフッ素を摂取しても、胎児や乳児に悪影響はありませんか?
    特に問題はありません。フッ素は胎盤通過性が低いので、母乳移行性も低いので、乳児への副作用もありません。
  6. フッ化物の虫歯予防効果はどれ位ですか?
    歯磨き剤では20~30%、フッ化物塗布・フッ化物洗口で50~80%の効果と言われています。
  7. レーザーフッ素って何ですか?
    当医院ではフッ素の効果を最大限に発揮するために、レーザーを歯面に当ててからフッ素を塗りその後レーザーを再度当てる方法を導入しています。研究では通常の方法より数倍の効果があると言われています。希望者には行っていますので、来院時に院長又はスタッフまでお申し出下さい。

このページの上へ