1. トップページ
  2. 一般歯科
  3. 白い被せ

白い被せ

白い被せが一部保険適用になりました。

白い被せとは?

一般的には、銀歯でしたが、白い被せは、セラミックを中心として被せになっています。
ただ、保険適用の部分は、小臼歯のみとなっており、大臼歯になりますと自費扱いの被せとなります。

歯

白い被せの種類

白い被せといいましても、数多くの種類がありますので、患者様のご要望に沿って様々な白い被せをご提案させて頂いております。

一般的にセラミックの被せの特徴は、

  • 変色をしない
  • 口臭の原因にならない

という、メリットがございます。


硬質レジン前装冠(保険、前歯)
内側は金属でできており、外側がプラスチックでできている被せです。削った歯の上に装着します。
費用:保険一部負担金額
長所:保険適応内でできます。
短所:外側がプラスチックでできているので、変色や着色します。
    プラスチックの部分が欠けやすいです。
    長年使用することで歯茎が黒くみえる事があります。
    金属を使用しているので、透明感が少ないです。
治療回数や期間:3回~5回、1か月~1か月半(歯の状態により変わる場合があります。)
リスク:土台となる歯を削る必要があります。
    また歯によっては、根っこの治療が必要です。
    歯の色には個人差があるため、適合しにくい場合があります。
    寝ている時の歯ぎしりなどで、欠けたり、割れたりする場合があります。
    治療後に歯に痛みが出たり、しみる場合があります。

CAD/CAM冠(保険、小臼歯)
セラミックとプラスチックを使用した、白い被せです。削った歯の上に装着します。
費用:保険一部負担金額
長所:保険適応内でできます。
    金属を使用しないので、金属アレルギーの心配が無いです。
    白い被せです。
短所:長年使用することで多少変色や着色します。
    強度が弱いです。
治療回数や期間:3回~5回、1か月~1か月半(歯の状態により変わる場合があります。)
リスク:土台となる歯を削る必要があります。
    また歯によっては、根っこの治療が必要です。
    歯の色には個人差があるため、適合しにくい場合があります。
    寝ている時の歯ぎしりなどで、欠けたり、割れたりする場合があります。
    治療後に歯に痛みが出たり、しみる場合があります。

オールセラミッククラウン(自費)
100%セラミックでできた被せ物です。削った歯の上に装着します。
費用:1本あたり48000円~90000円です。
    ※形態や種類によって異なります。
長所:隣の歯に近い色と透明感を再現できます。
    金属を使用しないので、金属アレルギーの心配が無いです。
    プラークがつきにくいです。
    長年使っていても着色しにくく、変色しません。
短所:料金が高額になる場合があります。
    強度を増すために歯を大きく削る必要があります。
治療回数や期間:3回~5回、1か月~1か月半
          (歯の状態により変わる場合があります。)
リスク:土台となる歯を削る必要があります。
    また歯によっては、根っこの治療が必要です。
    歯の色には個人差があるため、適合しにくい場合があります。
    寝ている時の歯ぎしりなどで、欠けたり、割れたりする場合があります。
    治療後に歯に痛みが出たり、しみる場合があります。

ホワイトクラウン(自費)
内側は金属でできており、外側がセラミックでできている被せです。削った歯の上に装着します。
白い色を既成の16色より1色に制限したメタルボンドのことです。
費用:1本あたり56000円です。
長所:金属を補強してあるので、耐久性にすぐれます。
    プラークがつきにくいです。
    長年使っていても着色しにくく、変色しません。
    オールセラミックよりは費用が安いです。
短所:長年使用することで歯茎が黒くみえる事があります。
    金属を使用しているので、透明感が少ないです。
治療回数や期間:3回~5回、1か月~1か月半
          (歯の状態により変わる場合があります。)
リスク:土台となる歯を削る必要があります。
    また歯によっては、根っこの治療が必要です。
    歯の色には個人差があるため、適合しにくい場合があります。
    寝ている時の歯ぎしりなどで、欠けたり、割れたりする場合があります。
    治療後に歯に痛みが出たり、しみる場合があります。

ハイブリッドインレー(自費)
セラミックの硬さと樹脂の粘り強さをあわせもった素材を使用した部分的な詰め物です。削った歯の上に装着します。
費用:1本あたり39000円です。
長所:長年使っていても着色が少ないです。
    適度な硬さなので、対合歯に対して優しいです。
    オールセラミックよりは費用が安いです。
短所:咬み合わせがきつい場合には、欠ける場合があります。
治療回数や期間:2回~4回、1か月
          (歯の状態により変わる場合があります。)
リスク:治療箇所周囲の健康な歯を削る場合があります。
     歯の色には個人差があるため、適合しにくい場合があります。
     寝ている時の歯ぎしりやくいしばりで、欠けたり、割れたりする場合がありま
     す。
     治療後に歯に痛みが出たり、しみる場合があります。

当院では、被せの種類によって保証期間を設けております。

保証期間は、無償で修理をさせて頂いております。

よくある質問

  1. 既存の銀歯を白い被せに変える事が出来ますか?
    はい。可能です。
  2. 前から4番目と5番目も保険で白くなりますか?
    保険適応になりました。ただし、材質的に欠けやすいので歯並びやかみ合わせによっては出来ない場合もあります。

このページの上へ