1. トップページ
  2. 一般歯科
  3. いびき治療

いびき治療

いびき

ご本人やご家族のいびきでお悩みの方はおられませんか?
日本人で習慣的にいびきをかく人は2,000万人以上といわれています。

いびきは睡眠時にノドが狭くなり、空気が通るときノドが振動してなる音のことをいいます。 スリープスプリントを装着することにより舌を持ち上げ気道を広げるので呼吸がしやすくなり、いびきをかかなくなります。  

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

習慣的にいびきをかく人のうち、600万人位がSAS(Sleep apnea syndrome)といわれています。
睡眠時に気道が閉鎖され呼吸が停止し、無呼吸になります。場合によっては最悪の事態を引き起こす危険も伴う症状です。
一時的な無呼吸が連続する事で睡眠不足が増し、突発的に耐え難い睡魔に襲われ、重大な事故を起こす可能性があります。

症状としては、

  • 睡眠時の呼吸停止、大きないびき
  • 日中の眠気
  • 起床時の頭痛
  • 夜中に何度も目が覚め熟睡感がない
  • のどが渇く
  • 集中力の低下
  • 夜中に何度もトイレに行くなど

また合併症としては高血圧、高脂血症、不整脈、脳血管障害、糖尿病などが挙げられます。

よくある質問

  1. スリープスプリントとはどういうものですか?
    いびき治療をするためのマウスピースです。
    寝ているときに下の顎を少し前に出せるようにする装置です。これを入れる事により、気道が広がり、いびきや無呼吸が改善します。
    治療回数は3~4回、1カ月程度かかります。
    装着後、痛みが出たり、割れたりするリスクがあるため、定期的なチェックが必要です。
  2. 誰でも使用できますか?
    歯並びが極端に悪い人や、歯の数が非常に少ない人は使用出来ません。
    また歯周病が進んでいる人や虫歯がある人は先にそちらの治療が必要です。
  3. .保険はききますか?
    耳鼻科などを受診され、睡眠時無呼吸症候群と診断され、診断書を持参された方は保険が適応されます。

このページの上へ